EvangTech CCM SaaS/PaaS サービス

Quadient Inspire

ワクワクする顧客体験がCCMのデジタル化を加速させる。

カスタマーコミュニケーション管理は、新たなステージへ。
顧客との無理のないアナログプロセスを起点に、スマートで便利なデジタル体験=ハイブリッドCXへ導き、
継続的なエンゲージメントを築いていくサービスです。
Quadient Inspireとは?
顧客とのつながりを一新するプラットフォーム
CCM(カスタマー コミュニケーション管理)とCXM(カスタマー エクスペリエンス管理)は、変わりゆくビジネス環境のなかで顧客を創造し、長期にわたって良い関係を築くために重要なキーワードです。
しかし、現実的には紙ベースの顧客コミュニケーションや旧来のシステムから脱却できずに運用効率の低下を招いたり、コンプライアンスリスクにさらされる場面が増えてきました。
従来の印刷物を補完する形でデジタル配信を導入し、より高度なオムニチャネル化を実現。課題を解決するとともに成長を加速させることが可能になります。
他のCCM, CRM, CEMとはまったく異なるソリューション
Quadient Inspireは、 顧客に従来の紙ベース=アナログの選択肢を残しながら、 無理なく新しいデジタル エクスペリエンスを提供します。
アナログとデジタルを融合した「Hybrid CX」
EvanTech CCM SaaS/PaaSの特徴

起点は、紙によるコミュニケーション

  • 従来の印刷物によるコミュニケーションの選択肢を残しつつ、速やかにデジタル化を推進していきます。
  • 「帳票・出力」のオムニチャネル化から開始して、「トランザクション・手続き」のリアルタイムなインタラクションへと広げていきます。

取り組みは、顧客ライフサイクルの
「始まり」と「終わり」から

  • 課題に対しては、デジタル化しやすいプロセスから取り組みます。
  • パッケージ化された「始まり:オンボーディングプロセス」と「終わり:解約プロセス」を活用し、6ヵ月以内に取り組み費用の回収を実現します。

着実に、デジタル化の成熟度をアップ

  • 顧客ニーズと市場傾向を見極め、効果を検証しながらデジタル化の成熟度を高めていきます。
  • 無制限のチャネルをひとつのプラットフォームで一元管理。パーソナライズされた新しい顧客コミュニケーションを提供します。
デジタル成熟度のロードマップ

紙の帳票類のデジタル化による
「生産性向上」と「コスト削減」

  • 帳票類のモジュール化による整理統合がもたらすメンテナンス性の向上
  • 帳票類の新規作成・更新のスピードアップと、整合性の確保・向上
  • 既存の情報系インフラを利活用したCCMの速やかな実現
  • 紙および印刷コスト削減による確実なROI

オムニチャネル コミュニケーション

  • 顧客ニーズに応じた、インタラクティブなチャネル選択肢の提供
  • シングル カスタマー ビューの構築
  • 「いつでも、どこからでも」を実現

デジタル エクスペリエンス

  • Digitization=デジタルプロセスの創出
    (既存プロセスのオートメーション化ではなく、新たなデジタルプロセスを作り出します)
  • 紙によるアナログプロセスで求められる規制遵守の要件を維持した、
    デジタルプロセスへの変換
本サービスではQuadient社のInspire 製品を、企業の目指す方向性や目的に合わせてご提供し、導入サポートや開発支援を行います。
Quadient Inspireについて(以下リンク)
https://www.quadient.com/ja-JP/experience