会社情報

弊社について

弊社は、日本で2005年に創業し、IT分野における顧客認知を主体に活動を行ってまいりました。現在は「お客様のビジネスにおける課題をITで一緒に解決していく」という専門的なポジションを確立し、培ってきた信頼関係をベースに着実に歩みを進めています。
そしてこれから、産業・業種間の境界が希薄化していくなかで、従来とは異なる新技術や方法論によってサービスの範囲や費用の壁を越え、お客様にさらなる成長と感動をお届けできる企業を目指し、お役に立ってまいりたいと考えています。

自社の強み

新技術への挑戦力と応用力を持った人材、クラウド人材を多数保有(AWS)

グローバルソリューションベンダーとの協業、グループ会社を活用したERP連携による対応力

⼈材育成ができる幅広い事業基盤(業務SE、基盤SE、⼤⼿SIer配下での業務SE/PG、パッケージ・ベンダー配下での業務SE/PG)

会社情報

社名 株式会社EvangTech(旧:株式会社RedLotus&DSG-J)
創業日 2005年5月6日
資本金 4000万円
代表者 代表取締役 小山 敏幸
取締役社長 郭  新陽
Tel 03-6231-1328
Fax 03-6231-1348
事業概要 システムコンサルティング
ソリューションSIサービス
保守運用サービス
取引銀行 三井住友銀行
三菱UFJ銀行 他
関連会社 阿安帝科技(大連)有限公司
株式会社EvangSol
株式会社EvangKnowledge
加入団体 東京商工会議所(会員No.C2459892)
公益社団法人 日本橋法人会(会員No.36088)
関東ITソフトウェア健康保険組合
DevOps推進協議会
アクセス 〒103-0023 
東京都中央区日本橋本町4-15-11  市橋ビル6階​
東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅4番出口から徒歩2分
東京メトロ銀座線 三越前駅A9出口から徒歩7分
都営新宿線馬喰横山 A2出口から徒歩8分
JR新日本橋駅 8番出口から徒歩4分​
JR神田駅 東口から徒歩9分

 

ご挨拶

情報技術の進化が、私たちの社会やビジネス環境に、大きな変化をもたらしています。

たとえば、スマホのような情報機器の小型化・携帯化は、人びとの意識や活動を従来のスタイルから解き放ち、より広範囲に、グローバルなつながりへと変革させてきました。

こうした変化と、そこに生まれるお客様のニーズに対応していくなかで、私たちはサービスラインとビジネスモデルの幅を拡げてきました。そして、この変化によって生じるさまざまな課題解決へのロードマップをご提供し、私たち自身も、しなやかに対応してまいるべく、2018年4月1日より社名を「株式会社RedLotus&DSG-J」から「株式会社EvangTech」に改名しました。

新たな社名は、「Evangelist」と「Technology」を合体し「技術の伝道者」を表現したものです。そこには柔軟性や、完成度や、他システムとの連携性でグローバルなソリューションとなっている技術を、より多くのお客様に享受していただきたいとの想いが込められています。私たちの想いをさらに明確にお伝えするために「Global Experience to Share」というタグラインも設定しました。

私たちは、中国大連とのコワークや若い技術者との交流を通じて、日々新しい技術や利用技術への対応力を磨いています。

日本で新たなビジネス領域を創出されようとしている皆様、グローバル標準のシステムを先行して実装されようとしている皆様、さらにはアジアをはじめ世界に事業領域を拡大しようとお考えの皆様に貢献できますよう、挑戦を続けてまいります。

代表取締役 小山敏幸
取締役社長 郭 新陽

沿革

2021年 5月 Quadientゴールドパートナ認定を取得
2020年 9月 AWS テクノロジーパートナーに認定
2019年 11月 Quadient社とパートナ契約締結
  9月 本社を中央区日本橋本町に移転
2018年 4月 社名を「株式会社EvangTech(エバンテック)」に変更
2016年 9月 OpenAMコンソーシアム入会
2015年 1月 OSSソリューション事業推進室設立
2014年 3月 神田に事業推進室を開設
2013年 10月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証取得
  6月 東京商工会議所へ入会
  6月 公益社団法人日本橋法人会へ入会
2012年 3月 社名を「株式会社RedLotus & DSG-J」に変更
  3月 「株式会社DSG-JAPAN」を吸収合併
  2月 本社を中央区日本橋馬喰町へ移転
2010年 5月 株式会社DSG-JAPANへ資本参入​
2005年 5月6日 RedLotus株式会社を設立​

組織図